出稼ぎバイトと一般職の兼業事情

風俗で働いた経験のある女性はクラスの中に一人はいるという現在。風俗店で働いていたということを隠している人も多く、また「風俗で働くことを考えた」人を加えるとそれ以上になると言われています。そのような状況になっている要因のひとつは、一般的な仕事だけでは十分な収入を獲得することができないということもあるようです。そのため風俗店で働くからには「必ず希望額を稼ぎたい」という人も多く、その手段のひとつとして遠方地域の風俗店への出稼ぎバイトを視野に入れる人も増えてきているといいます。出稼ぎバイトは普段と環境が変わるため個性を活かすことができ、しっかりと給料を獲得することもできますが決して良いことばかりではないようです。ここではそんな出稼ぎバイト嬢と一般職とを兼業している女性の実情に迫ろうと思います。

○フルタイムの仕事は厳しい

遠方地域での出稼ぎバイトをする場合、月~金のフルタイムで働いている女性にとって行うのは容易ではありません。中には金曜の仕事が終わったあとに深夜バスで現地に移動し、日曜の夕方まで働いたあとに月曜の朝までに会社に戻れるようにまた深夜バスで帰るといったスケジュールを組んでいる人もいるようです。ただ心身的な疲労が溜まり風俗店で欠勤が増えるだけでなく、一般職でも休みがちになり退職となるリスクもともないます。そのためフルタイムで仕事をしている女性にとって、出稼ぎバイトとして働くのはかなり厳しいと言えるのです。

○フリーなど安定しない職業なら可

フルタイムの一般職に就いている人であれば行うのが難しい出稼ぎバイトでありますが、兼業をしながら行っている女性の中にはフリーなどで働いている人も多いようです。そのフリーというのはイラストレーター・ライター・カメラマン・メイクアップアーティストなどの職種。このように会社に属さずに働く人であれば忙しいときと仕事がないときの差は激しいため、時間があるときに出稼ぎバイトをする傾向にあるようです。

○求職中に荒稼ぎする方法も

また出稼ぎバイトをする人の中には、前職を退職し現在求職中という人もいます。求職中は失業保険などを支払われることも多いですが、その金額は決して良いものではありません。そのためそれをもらうのではなく風俗店で働くことによって、生活費などの資金や仕事決定後の貯金などを稼ぐことができます。だからこそ求職中に出稼ぎバイトで荒稼ぎする人もいるようです。

出稼ぎバイトをココから探す